清水はり灸療院~脈診による伝統鍼灸「経絡治療」をおこなう
京都市下京区西本願寺北の鍼灸院~

 当院の鍼療時間、休診日、料金については、「治療室紹介」へ。当院はJR京都駅からバスで約10分の治療院です。アクセス情報は「周辺地図」へ。また遠方からお越しの方は「バス停地図」も併せてご覧ください。年末年始の開院予定はこのページの中盤あたりに掲載しています。

 希望される女性患者様には、痛みなし・トラブルなし「美顔鍼」の施術を無料実施中です!

 当院の行う古典鍼灸「経絡治療」とは?

 古典的な鍼灸術の一つに「経絡治療」というものがあります。これは、脉診(脈診)・腹診といった東洋医学独自の診断法で患者様の体の声を直に聞くことができ、それにより五臓六腑のどこに歪みがあるかを探り、適切な治療=生命力強化のための施術を行うことができます。ですので、肩凝り・腰痛・膝痛のような表面的な不快症状だけでなく、内臓疾患・生活習慣病、精神疾患・うつ症状、慢性疲労、不妊・婦人科疾患、アトピー・喘息・アレルギーといったものにも、もともと患者様のお身体に備わった自然治癒力を高めることで対応することができます。

 逆に、肩こり・腰痛といった表面的な症状は内側のバランスの崩れを知らせる警告サインだとも言えますので、そのような内側の乱れに気づかせてくれるサインが現れたら、重大な疾患に結びつく前に根本治療を受けられることをお勧めします。

 詳しくは「古典鍼灸の効用」「不妊でお悩みの方へ」をご覧ください。対症療法ではない体質改善・生命力強化の治療で、皆様に内側から強く、きれいになっていただくお手伝いをさせていただきたい、それが当院の願いです。

 当院はまた、安産灸・逆子の灸の灸点おろしなど自宅療法も充実しており、小児はりにも力を入れています。

 漢方の理論で、健康と美容を

 最近は医療機関でも漢方薬が処方されていますが、当院の行う鍼灸・経絡治療は、気・血・水、証・補瀉など漢方の理論と、脉診(脈診)・腹診などの漢方の診断法を使って治療いたしますので、漢方薬が効く病気・症状なら鍼灸・経絡治療でも当然効果があると考えています。しかも漢方薬よりスマートでスピーディに、それでいて西洋薬のような副作用もなくです。不自然ではない、自然な形での治癒を希望される方にお勧めの治療です。

 鍼灸・経絡治療は人間の身体の様々な機能のバランスを取りながら、緩やかな回復を図る治療法であるため、原因不明の病、新しく病名の付いた病難病薬の副作用による諸症状にも有効だと言えます。 また、最近の研究では鍼灸にストレス緩和効果もある事も分かっています。ですから、心身一如の鍼灸・経絡治療なら、鬱病などの精神の病にも対応できると考えます。

 生理痛の強い方の中で、鎮痛薬で抑えている方は多いと思いますが、そのことが様々な病気の原因となり、将来の妊娠・出産にも影響することが知られています。鍼灸・経絡治療であれば、貴女のツライ生理痛、生理不順、月経前後症候群の苦痛を、より安全に解消するお手伝いができると考えます。
 冷え症の強い方、生理痛・生理不順が強くて将来の妊娠に不安をお持ちの方、妊娠しにくい体質だと言われたことのある方、あるいは現在医療機関において不妊治療を行っていても結果につながっていない方、そんな方はぜひ当院の鍼灸・経絡治療をお試しください。「不妊でお悩みの方へ」のページへどうぞ。

 経絡治療には次ような副次的な効果があります。於血・水毒などの病的な状態を適切に処理すれば、冷えや便秘の改善とともに、美肌やむくみ取りといった美容効果も出てきます。これは内側から美しくなる「美容鍼」です。
 現在、希望される女性患者の皆様には、撫でるだけの刺さない鍼による「美顔鍼」を実施中です。これは「ハリネズミ美容鍼」で心配されるような痛みもトラブルもない施術です。通常の治療に数分の美顔術をプラスするだけですので、追加料金はいただきません。希望される方はその旨をお伝えください。
 肌がツルツルになる、むくみがとれて小顔になる、シミが薄くなる、目尻や額のシワ・ホウレイ線が目立たなくなる、翌日の化粧の乗りが良くなる、などの報告が寄せられています。詳しくは「痛み・トラブルの無い美顔鍼」のページへどうぞ。

一般的な疾病の治療も、美顔鍼も、患者様の率直な感想を参考にされたい方は、
清水はり灸療院の口コミサイトへどうぞ

 オールマイティーの医療、鍼灸・経絡治療

 「内科・婦人科・心療内科?」「皮膚科・アレルギー科?」「耳鼻咽喉科・呼吸器科?」「整形外科・リウマチ科・リハビリ科?」、細分化された病院の診療科では、一体どこに行けばよいのでしょう。また今後は、健康保険でカバーされない先進医療が増えていくことも予想され、民間の高価な医療保険に入っていなければ怖くて病気にもなれない、病気にかかっても病院には行けない、そんな時代が来るかもしれません。
 そんなとき、あらゆる診療科方面をケアでき、良心的な定額で、安心・安全なケアの方法として、鍼灸・経絡治療を提供する当院へお越しください。脉診(脈診)その他の東洋医学的な診察で患者様の体質と病態を把握し、速やかに治療方針を立て、丁寧な治療を行います。

 「産科はどこ? 私は本当にここで産めるの?」 当院は「助産院でも産める安産力」をつけていただけるような治療を目指しています。妊婦さんは妊娠中の服薬にはとても不安があると思います。つわりの強い方、逆子の方もぜひお越しください。詳しくは「妊婦さんにお勧めします!」へ。髪の毛のように細い無痛の鍼(ハリ、針)で弱刺激ですので、妊婦さんにも安心して施術を受けていただけます。

 「小児科・小児内科・小児外科?」「私の子はどこへ連れていけばいいの?」「そもそも夜泣きは治るの?」「この子のアトピーは?」、そんなとき、伝統鍼灸とともに小児はりにも力を入れている当院へおいでください。なでるだけの気持ちの良い「小児はり」を行います。詳しくは「小児はりをおすすめします!」へ。 
 遠くの専門外来より近くのオールマイティーの総合臨床家へ。

 ストレス社会に、はり灸・経絡治療を

 ストレス社会が加速していく現代日本では、多くの方が人生半ばで癌や生活習慣病に罹患し、検査・入院・手術の段階を踏むという推論が立ちます。ほとんどの病気の原因がストレスによる生命力(免疫力)の低下であるということも半ば常識となってきました。しかし人生後半の重篤な病の根っこが、実はもっと若い間につくられているのはご存知でしょうか。ストレス・過労・食生活の不摂生・身体の冷やし過ぎetc.・・・あなたも無茶をしていませんか?これらが原因となって発生した小さなエラーの積み重ねは、やがて皆様の内臓機能をも含む体のバランスの崩れにつながっていることがあり、肩こり・腰痛・背部痛・関節痛などの小さな症状は、その予兆・サインかもしれません。

 鍼灸で生涯現役に

 現代社会では、寝つかずに自分のことが自分でできる健康寿命と、実際の寿命との間にズレができています。それが介護期間です。しかもこの「間」が年々開く傾向にあります。高ストレス社会と食の欧米化によるものと思われますが、この「間」を最小限にとどめ、生涯現役を保つためには経絡治療が有効だと考えます。急速に進む高齢社会の現代日本を生き抜くために、どうぞご一考ください。詳しくは「鍼灸の究極の理想」へ。


 以上のように、自然な治療によって定期的に体調管理しておけば、高額な医療(健康保険の3割負担でも高額となったり、それではカバーされない先進医療も増えている)を受ける必要性が減り、生涯をトータルで考えた場合に、結局は医療費が安くなるかと思われます。病のある方は健康に、一見して病のない方ももっと健康に、それが生涯現役への道です。

 当院は、京都市の「平成29年度・はり・きゅう施術費助成事業」に参加します。京都市にお住まいで満75才以上の方は、これに申し込まれると1000円の補助券が4枚ずつ京都市から交付されます。※申込用紙は当院にもあります。補助券は、平成29年4月1日~平成30年3月31日の期間、当院でもご使用いただけます。

 消費税の増税はまだ先のようですが、しばらく当院の治療費もそのままの予定です。詳しい料金体系については「治療室紹介」をご覧ください。

 現代に鍼医を

 アルプス(イタリア)の山岳地帯の氷河で、5600年前のミイラが発見され、「アイスマン」と名づけられました。彼の体には経穴(ツボ)のある位置に刺青が施されていました。つまり5000年以上前には、中国だけでなく世界中で鍼灸治療が行われていた可能性があり、これこそが医療のプロトタイプ(原型)だったのだと思われます。
 また猿は仲間同士で毛づくろいしますし、鳥がお互いの体をくちばしでつつき合う行動も観察されます。自然治癒力を高める医療の原型は、野生動物の本能や古代人の経験のうちにあるのかもしれません。

 食料供給(農山漁業)も経済も日本一国で完全に循環し、健康で持続可能なライフスタイル=LOHASを実現していた江戸時代には、古代中国大陸から伝わった鍼灸が立派に民族医療として実を結び、鍼灸師は「鍼医(はりい)」と呼ばれ、本道(内科・漢方医)とともに活躍していました。この辺の事情は河治和香氏の『鍼師おしゃあ』(小学館文庫)を読んでいただければ雰囲気が伝わると思います。

 環境問題、経済問題、民族問題その他多くの局面で行き詰まり始めた現代ですが、医療においても様々な問題が世界中で噴出しています。もはや世界は循環型社会≒江戸に向かうしかないのかもしれません。医療においても、各国・各民族がそれぞれの伝統医療を志向するのがよいと考えますが、それは日本では鍼灸と漢方なのではないでしょうか。

Toyohari Pulse diagnostic
       meridian therapy
         as Japanese traditional medicine

               simizu acupuncture clinic

      はり・灸・小児はり

 はり師・灸師国家資格保持者
 京都府鍼灸師会会員
 東洋はり医学会関西支部会員



 大宮通に出ているこの看板を目印に御来院ください。
 

 大宮通に出ている、左の写真の看板のポケットに「初診料無料」のチラシがときどき入っています。 そのまま当院へ持ち込んでください!
  雨天の日看板が出ていない日、その他なんらかの理由でチラシが取れなかった場合も、その旨伝えていただくだけでOKです。


 祝祭日は原則として開院しています。 23日(土)は全日開院しています。年末は30日(土)まで年始は1月4日(木)から開院予定です。  ご予約お待ちしています。   
 当日キャンセルは困りますが、当日予約は入っていただける場合がありますので、ぜひお気軽にお電話ください。
 12月15日から飾られているクリスマスのリースの画像を治療院紹介のページに掲載しました。

  075-344-6377

 時間外・休診日
も、ご予約・お問い合わせのお電話のみ受け付けております。

 初診料1000円が無料になるチラシは、左京区の「Sujata」「Tosca」「Padma」「Sunny Place」、右京区の「インヤン・フラワー・カフェ」、中京区の「和香」「森林食堂」「cafe MOLE」「ハイ・どうぞ」、東山区の「musubi cafe祗園」にも置かせていただいております当該のお店でチラシを切らしている場合もありますが、ご来院の際その旨をお伝えいただくだけでも構いません。

 周辺地図を参考にご来院ください。

   京都市下京区丹波口通大宮東入ル柿本町595-165


 妊で悩んでおられる方、重い生理痛やPMSに苦しんでおられる方、つわりで苦しんでおられる方、切迫早産の不安を抱えておられる方、逆子が戻らず悩んでおられる方、経絡治療+お灸に特効があります。 喘息・アトピー・花粉症などのアレルギーは、邪気を去る経絡治療で体質改善するのがベストです!  高ストレス社会の進行で精神疾患が増えていますが、鬱病を克服して社会復帰したい人にも経絡治療はオススメです!   お子さんの夜泣き・疳虫・夜尿症でお困りの方には「小児はり」with 経絡治療 を、お勧めします! 
 相変わらず忙しい方人はひと段落着いたら、少し体の空いた方はぜひ今のうちにどうぞ。 ご連絡をお待ちしております!

 *阪急 大宮駅よりお越しの方は、市バス207、71、18、特18系統ほかで「大宮五条」まで。

 *JR 京都駅よりお越しの方は、市バス206系統(A3乗り場発)で「島原口」まで。

 JR 丹波口駅よりお越しの方は、市バス80、75、73、43系統ほかで「大宮五条」まで。

  

     当院の治療法 患部に触れなくても効くことがあります!

     古典鍼灸の効用 適応症・適応疾患

    不妊でお悩みの方へ   不妊治療中の方も自然妊娠を希望の方も

      妊婦さんにお勧めします! 助産所でも産める安産力を!

     痛み・トラブルの無い「美顔鍼」  ハリネズミ美容鍼はもう古い!

      「小児はり」をおすすめします! 眉間・こめかみの青筋はお子さんのストレスサイン

       鍼灸の究極の理想 「介護予防と生涯現役」

      治療室紹介~日時・料金など

      周辺地図 京都洛中観光MAPつき

       要チェックな重要リンク集

     広範囲な重要リンク集

      こんな時代に必要リンク集


       京都・玄米ご飯の 定食屋巡り 京都・玄米ご飯の定食屋さん巡り  店舗情報更新随時。COSME KITCHEN CAFE、ハリーナ、光兎舎 を追加。

        京都・洛中、子宝神社、 子宝寺巡りの旅  京都・洛中、子宝神社、子宝寺巡りの旅  市外北部・中部新設。

   (075)344-6377

 予約の方優先です。お電話の上、御来院ください。時間外・休診日もお電話のみ受け付けております。

 はり師・きゅう師の有資格者の行う鍼灸術は安全です。鍼灸専門の治療院が安心です。特に浅鍼・低刺激の経絡治療は肘から先、膝から下の要穴を重点的に施術します。背部はほとんど接触鍼です。背部によほど深く刺さない限り気胸は起こりません。またプロ野球選手がトレーナーから受けた針施術によって神経麻痺が起こり、一時的機能障害が起こったとされることを心配される向きもあると思われますが、これも同様に神経に達するほど深く刺さないと怒らない事例です。皆様、どうぞ安心して当院の経絡治療を受けてください。

  新型インフルエンザ対策 当院玄関には、次の冬も消毒液を設置します。